いちいち批判・炎上する世の中は異常。マイナビが有給休暇に関する記事を削除したけど必要なかったと思う。

マイナビは1月30日、「マイナビウーマン」に掲載した記事「意味わかんない!『社会人としてありえない』有休取得の理由7つ!」と、「男性に聞いた! 女性が『生理休暇をとる』のはアリ?」をそれぞれ削除したと発表した。

 

僕は記事の削除も謝罪も必要なかったと思っています。その理由と記事の紹介をしていきます。

 

 

マイナビ記事の内容の一部を紹介

f:id:namaketiger:20161026071511p:plain

 有休休暇取得の「あり得ない」理由として紹介されたもの

 

①寝坊したから

 

②二日酔いがヒドいから

 

③やる気が出ないから

 

④彼氏と大ゲンカしたから

 

⑤振られたから

 

⑥体が痛いから

 

⑦天気が悪いから

 

おぉ・・・確かになかなかパンチが効いた理由だ。

 

上司に「これだからゆとりは」なんて言われかねない内容ではある。

 

ただ、普通にネタとして面白いからいいと思うんだけど・・・

 

ではなぜ、「ありえねー!」で終わらなかったのか

 

そもそも有給休暇って理由がいるの?

 

削除に至った理由を、マイナビは「法的趣旨を誤解させる表現があり、内容が不適切と判断した」としている。

 

そう、有給休暇って取得する際に理由を言う必要はないんだよね。

 

本来は「私用です」の一言で済むもの。

 

そこが大前提なのに、理由が必要かのような表現になっていたという部分に批判が集中して炎上しちゃったってことだと思う。

 

ただ、世界で最も有給取得率が低い国って言われている日本だからこそ何かしら言い訳しないといけない状況というところもあるよね。

 

僕がいた会社も有給をとらせてくれなかった・・・あっ、話がズレるからこの話はまたの機会にするけど。

 

生理休暇の記事

f:id:namaketiger:20161031063750j:plain

ちなみに生理休暇の記事では男性に「生理休暇をとるのはアリかナシか」聞いたアンケート結果を紹介。

 

※生理休暇というのは、生理痛がひどい女性のために休みがとれる制度。

 

男性に対するアンケート結果

 

アリが78.2%

ナシが21.8%

 

アリと答えた男性の声

 

「体調不良と同じ」

「イライラされたら周りが迷惑だから」

 

ナシと答えた男性の声

 

「男性にはないので不公平」

「ずる休みをする女性がいたら迷惑」

 

などを紹介していた。

 

ちなみに僕は断然アリですね。

 

僕は男性なので女性のそういった苦痛は分かりかねますが、「ずっと風邪ひいてる状態みたいな感じ」と聞いたことがあります。

 

人によっては、結構キツイみたいですよ。

 

そう考えると、男性に比べて定期的に体調不良の時が来てしまう女性にとって休みがもらえた方が生産性が高まるならそういう休暇があってもイイと思います。

 

体調悪いのに無理に仕事をしても生産性が低くなったら会社としても良いことはないですしね。

 

僕としては、理由はともかく事前に休みの申請をしているだけマトモだと思います。

 

前の職場には業務開始直前に連絡をしてくる人がいました。

 

「風邪(インフルエンザ)を引いたので休みます」

「インフルエンザにかかったので休みます」

「下痢がひどくてトイレから出られないので休みます」

あとは連絡なく寝坊して間に合わないパターンもありましたね。

 

そういう人に比べたら、よっぽどいいと思いますけどね。

 

記事の削除・謝罪をする必要があったのか

 

今回、記事の削除・謝罪にまで発展してしまったけれど、僕はそこまでする必要はなかったと思います。

 

マイナビの記事は、「ありえない理由」を列挙した上で「ずる休みと変わらない」などと批判していた。

 

けれど、最後は「有休は働く人の権利だが、常識ある使い方をしたい」というまとめになっていました。

 

この内容で、炎上して記事の削除・謝罪までいってしまう世の中は異常だと感じます。

 

何でもかんでも謝罪させろってのは違うと思う。

 

このくらいの内容でいちいち謝罪していたら、もう何も言えないですよ。

 

ブログ書いている人はみんな対象になるけれど、何か自分の意見を発信する以上、炎上しても仕方ないって思って書かないといけない時代なのだと思います。

 

芸能人でも誤解を招くツイートをして炎上・批判したら削除するってことを繰り返している人もいますが・・・

 

そもそも全員が自分に賛同してくれるわけではないし、賛否両論あって当たり前という大前提を忘れているのではないでしょうか。

 

あとから謝罪したり記事削除するくらいなら、最初から覚悟をもって投稿したらいい。

 

そして、いくら批判され炎上しようとも自分の意見が間違ってないと思うなら記事は削除しない方がいい。

 

削除するくらいなら最初から投稿しなければいい。

 

注目されたいから、反応が欲しいから過激なことをコメントしているのでしょう。

 

それなのに炎上して批判されたら削除するって何がしたいのか分からない。

 

「まさか炎上しちゃうとは思わなかった」というのはあまりに考えが浅すぎる。

 

今回のマイナビ記事は、法的に不適切な表現になったというところで削除に至ったとのこと。

 

個人ではないし、ブランドイメージを傷つけないように火消しをしたかったのかもしれない。

 

そういうところまで考えて発言しなければならない時代になっているということでしょうね。

 

今回の件で言えば、法的な誤解を与える可能性があった点がありましたと追記して謝罪することは必要だったとしても、削除する必要はなかったと感じます。

 

自分にとっての「当たり前」や「常識」は誰かにとっては「非常識」であったりするものです。

 

僕もブログを通して意見を述べることがあるので、気をつけていきたいと思います。

 

以上、なまけタイガーでした。 

namakemon.hatenablog.jp                       

namakemon.hatenablog.jp

                                                    

スポンサーリンク


スポンサーリンク


記事をシェアする

フォローしてもらえると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク


トップへ戻る